2019年11月15日

フランチスカーナー・ヘフェ・ヴァイスビア

ヴァイスビアの代表銘柄、アフランチスカーナー・ヘフェ・ヴァイスビアを成城石井で買ってきた。500MLだが700円近くしてビールとしてはものすごい高級。ただ、有名な銘柄で飲んでみたかったので贅沢をした。感想としては、泡がもこもと雲のような感じでできるのと、酵母が感じられる舌触りは素晴らしかったが、値段の高さを考えるとヴァイスビア特有のバナナの香りは今一つ。ボディもちょっと物足りなかった。

https://beer.kty.tokyo/DEUbeerworld.html
posted by 市川市民 at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

令和の祝賀パレードにぴったりのビール

令和の祝賀パレードを見ながら飲むにふさわしいビールは何か考え、イネデットを選んだ。原材料は麦芽、小麦、砂糖、ホップ、コリアンダー、オレンジピール、リコリス、酸化防止剤(ビタミンC)、ベルジャンホワイトに近い原材料、さわやかな飲み口のホワイト系だがコリアンダーや、オレンジピールは控えめで上品なビール。アルコール度数は4.8%。
https://beer.kty.tokyo/DEUbeerworld.html

イネデット.JPG
posted by 市川市民 at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

GOOSE IPA シカゴのクラフトビール

シカゴのクラフトビール、グースIPAを頂いた。ホップがしっかり効いていて、まさにホップのお酒。
アメリカのビールもクラフトビールは味わいがあっていい。
https://beer.kty.tokyo/beerworld.html


DSC_0715[1].JPG
posted by 市川市民 at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

日本のクラフトビール、DHCのベルジャンホワイト

DHCのビール、ベルジャンホワイトを飲んだ。以外にコリアンダーがいい香りでおいしかった。サプリを作る技術が生かされているのかクリーミーな舌触り。
日本のクラフトビール飲み比べ
https://beer.kty.tokyo/JPcraftbeer.html

DSC_0704[1].JPG
posted by 市川市民 at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

最近出た第三のビール、サントリーマグナムドライとサッポロ本格辛口を飲んでみた


サントリーマグナムドライをご紹介
1999年に発泡酒として発売していたブランドを第三のビールとして復活。アルコール度数が6%と高いが尖った感じはなくビールに近い味。辛口でコクとホップの苦みが感じられる。原材料、発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有。

サッポロ本格辛口をご紹介
高発酵・強炭酸が売りの第三のビール、アルコール度数は5%で高いわけではないが高炭酸の為かしっかりした飲みごたえを感じられる。原材料は発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
posted by 市川市民 at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

麦とホップ 本熟を飲んでみた

麦とホップ 本熟を飲んでみた。第三のビールの中でもリキュール(発泡性)@のジャンルでは昨年、長期低温熟成、アルコール度数6%で「本麒麟」が大ブレイクしたので今年になってサントリーが同タイプの「金麦 ゴールデンラガー」を出しているが、この「麦とホップ 本熟」も長期熟成、アルコール度数6%のタイプ。飲んだ印象は本麒麟、ゴールデンラガーなどよりも甘みの感じちょっとしつこい感じもする。限定醸造としているのも気になるがもしかして味に自信がなかったのかな。ただ、味わって飲めるベルギーのアビィビールなどにもに近い印象もありこれはこれでよいのでは。



安くておいしい第三のビール、発泡酒飲み比べ
posted by 市川市民 at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

常陸野ネストホワイトエールを飲んでみた。

茨常陸野ネストホワイトエールは城県の木内酒造が作るベルギータイプのホワイトエール。原材料は麦芽・麦・果汁・ホップ・香辛料・果実(原材料の一部に小麦、オレンジを含む)、アルコール度数5.5%。小麦ビールでしかもエールタイプ(上面発酵)なので特有の白澤したクリーミーさとコリアンダー、ナツメグからくる複雑な香り、オレンジピール加わった苦みが楽しめる。値段はちょっとと高いが欧米ビールコンテストでも金賞をいくつもとっているだけのことしある。




日本の定番クラフトビール飲み比べ
posted by 市川市民 at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

一番搾り 超芳醇を飲んでみた

一番搾り 超芳醇を飲んでみた。限定醸造で平成31年3月26日(火)に発売された。ホームページによると
→高濃度一番搾り麦汁”を採用することで、麦のうまみがたっぷりと感じられながらも、飲みやすい味わいを実現しました。
とのことだが、飲んだ印象は濃いビール、コクが濃くなっているという感じ、苦みとホップ香りは通常の一番搾りと同程度ではないか。しっかりとビールを味あうビール。アルコール度数も6%と高くガツンと来る飲みごたえ。
原材料は麦芽、ホップのみ。




日本の定番ビール

日本の定番のクラフトビール、地ビール
posted by 市川市民 at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

越後ビールのピルスナーを飲んでみた

越後ビールは地ビールが認められて発足した最初のビール。経営会社は上原酒造からブルボンに代わっているが、創業時のコンセントは引き継いでいるようだ。


ピルスナーはチェコ・ザーツ産アロマホップを使いチェコのクラッシックスタイルを追求している。原材料は大麦麦芽、ホップ、アルコール度数5%。コクがしっかり感じられる味わいだった。

日本のクラフトビール飲み比べ
posted by 市川市民 at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

コエドブルワリー・毬花を飲んでみた。

コエドブルワリーの毬花を飲んでみた。アルコール度数4.5%のIPA(インデァンペールエール)、IPAの定義自体にアルコール度数が高めであることがあるように思うが、その点について目をつぶれば素晴らしいクラフトビール。グレープフルーツが入っているのではないかと思われる青臭い柑橘系の香りと苦みでアルコールに頼らずとも飲みごたえを感じられるビールとなっている。原材料は麦芽、ホップ。こんなビールが欲しかったというビール。





日本のクラフトビール飲み比べ
posted by 市川市民 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

琉球ホワイトエールはベルギーの小麦ビール風

琉球ホワイトエールを飲んでみた。

ベルジャンスタイルホワイトというベルギーの小麦ビール風、ヒューガルデンホワイトが有名なタイプのビール。オリオンビールのクラフトシリーズで数量限定商品、クラフトビールとしてはあっさりしているが、飲みやすい。原材料は麦芽、ホップ、小麦、コリアンダーシード、オレンジビール、アルコール度数は5%。ホームページを見ても掲載しておらず、残念ながら終売しているようだ。
posted by 市川市民 at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

サントリー白角が休売

サントリーのウイスキー、白角が在庫なくなり次第、2019年3月めどで休売となるそうだ。売れすぎて原酒が足りなくなりラインナップを見直したということだが。白角はサントリーのホームページによると「白州蒸溜所のすっきりとした原酒を主に使用し、穏やかな香りとクリアでスムースな味に仕上げたキレの良いウイスキーです。」と説明されている。白州は木々の香りがして大好きだかかなり高価でなかなか飲めない。
サントリー シングルモルトウイスキー白州ギフト カートン付き [ ウイスキー 日本 700ml ]
白角は白州ほどではないが、やはり同系列のさわやかな香りのするウイスキーで好きなのでかなり残念。水割りやハイボールでいただくと端麗辛口で繊細な料理にも合うので食虫酒として気にいっていた。
慌てて近くのコンビニをのぞいたら陳列棚に残っていて通常の1400円台の価格で購入できたか、通販サイトではすでに値段が上がりだしている。

2/10時点では上記のアフリエイトの表示は1382円になっているが、クリックしてアマゾンのサイトに行くと2276円と表示されてしまう。
また、楽天でも同程度の価格が多い。例えば
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【国産ウイスキー】サントリー白角 40°700mL
価格:1922円(税込、送料別) (2019/2/10時点)




スタンダードな700mlよりも大容量4Lのボトルの方がまだ値上がりが進んでいないようです。こんな時は一本買うのであれば大容量がおすすめ。

サントリー ウイスキー 白角 [日本 4000ml ]

大容量ウイスキー各種飲み比べ


posted by 市川市民 at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

アサヒレッドアイを飲んだ

アサヒビールとカゴメが共同開発したビアカクテル。分類は発泡酒だがトマトジュースの味がする。トマト果汁の割合は20%と記載されているが飲んだ印象はもっと高いような気がする。アルコール度数は3%だがトマトジュースが濃厚なのでアルコール度数の低さは気にならない。原材料は麦芽、ホップ、米、コーンスターチ、糖類、カラメル色素、トマト果汁、レモン果汁、酵母エキス、食物繊維、大豆たんぱく、香料、野菜色素、酸味料。

おいしさと安さを追求した発泡酒


posted by 市川市民 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」を飲んだ。

ネーミングが独創的なヤッホーブルーイングの商品、インデアンペールエールなのでインドの青鬼という商品名にしたのだろう。ホームページの説明では、ホップは通常のビールの4倍、モルトはそのホップとバランスをとるために通常の2倍を使用しているとのこと。その効果か、夏ミカンのような苦みと、香り、味が感じられる。アルコール度数は7%だがホップとモルトの量が多いためか、アルコール臭は感じない。原材料は麦芽、ホップ。

インドの青鬼 350ml×8本


日本の定番ビール
posted by 市川市民 at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

金麦ゴールドラガーを飲んでみた。

2019年2月5日発売の金麦ゴールドラガーを飲んでみた。そもそもこのビールはキリンの出した本麒麟を意識て作られているのが見え見えだ。本麒麟はパッケージに長期低温熟成と表記されている。ゴールドラガーは日本語では長期低温熟成とは記載されていないが、ラガーとは長期低温熟成されたビールのことではないか。この商品は正確にはビールではなくリキュール(発泡性)@という分類になるが、ラガーを名乗ってしまっている。味は本麒麟より雑味があり味も濃いようにおもわれる。しっかりした飲みごたえが欲しければ金麦ゴールドラガー、クリアなラガービールに近い第三のビールが欲しければ本麒麟ではないか。二番煎じだが決して悪くない。

安さとおいしさを求めた第三のビール一覧

金麦 ゴールドラガー [ 350ml×24本 ]
posted by 市川市民 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

東京クラフト ペールエール

とってもバランスの良いビール、アルコール度数は5%と普通だが飲みごたえを感じる。いつものラガーとは違う柑橘系の香りと深いコクを伴った苦みがある。パッケージにはアメリカンペールエールを参考に北米産カスケードホップをふんだんに使用しているとのこと。原材料は麦芽、ホップ。

日本の定番ビール



posted by 市川市民 at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

ドイツのノンアルコール飲み比べ

ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー /パナバック(ノンアルコール) 330ml缶 330ML × 24缶 

ノンアルコールでもドイツ産はビール純粋令を守って作られているから原材料はモルトとホップのみだ。アルコールは0.0%、脱アルコールビールとのことなので通常のビールからアルコールを抜いて作られていると思われる。値段が比較的安く100mlあたり12kcalと低カロリーでドイツ産にしてはドライな感じ、多少、匂いは感じるが切れとホップの渋みも感じられる。アルコールを0.0%まで抑えられている中ではかなり上出来。

ビットブルガードライブ 330ml×24本

ドイツ語ラベルにはALKOLFREI(アルコールフリー)と書かれているが日本語ラベルにはアルコール0.05%と表示。カロリーは100mlあたり26kcal、原材料は麦芽、ホップのみ。ビットブルガーはビールの大手銘柄。ふわっとしたふくよかな感じとしっかりした苦味がありおいしい。ドイツ産独特の臭みも抑えられていて値段は高いが価値はある。

330ml/6本 バイスビア エルディンガー

酵母入り小麦ビールのメーカー「エルディンガー社」が作る小麦ビールのノンアルコールビール。原材料は小麦・大麦・酵母・ホップ、アルコールは0.4%。ヴァイッエンビール特有のバナナ臭はかすかにしかないが甘みかある。日本のノンアルコールビールの作られ甘さとは違い小麦からくる上品な甘さ。


ノンアルコールの飲み比べ

posted by 市川市民 at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブローリープレミアムラガー

法律上の酒と清涼飲料水の境、アルコール0.9%。ノンアルコールと言うより微アルコールビールだがモルト感があり度数の低さを補っている。このくらいアルコールが入っていると完全ノンアルコールよりだいぶおいしい。アルコールに弱い体質だと少しホンワカしてくるのでノンアルコールとしては微妙だが平日禁酒の選択肢としてはよい。原材料は麦芽とホップ。カロリーは100mlあたり15kcal、原材料、麦芽、しょ糖、ホップ、大麦。

ノンアルコールビール飲み比べ

posted by 市川市民 at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

 IPAグランドキリン

キリン  IPAグランドキリン
キリンの出したクラフトビール風ビール、原材料:原材料:麦芽、ホップ、アルコール5.5%。インデアン・ペールエールというのはもとはインドにイギリスから長い公開の船便で輸出するためにホップを効かせアルコール度数も上げた上面発酵のペールエールだが、このビールはアルコール度数は5.5%とそれほど、苦みも強いというほどではないが、IPAらしい柑橘系の香りはちゃんとある。

グランドキリン IPA(インディア・ペールエール) [ 日本 350ml×24本 ]
グランドキリン IPA(インディア・ペールエール) [ 日本 350ml×24本 ]
posted by 市川市民 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

グランドキリン ホワイトエール

キリンの作るクラフト風ビール、小麦麦芽が使われているがヴァイツェンとは違い白ワインに近い香りがする。すっきりとしてフルーティなビールに仕上がっている。

グランドキリン White ALE(ホワイトエール) [ 日本 350mlx24本 ]
グランドキリン White ALE(ホワイトエール) [ 日本 350mlx24本 ]
posted by 市川市民 at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

本麒麟は本当においしい

本麒麟は新ジャンルの常識をくつがえすおいしさ。長期低温熟成製法によるものかもしれないが、しっかりとした味だけど、クリアでかつコクがある。アルコール度数は6%と高いがそのアルコール臭さがうまく隠されているのが絶妙な感じ。チョット強めのガツンとしたものが飲みたいときはビーよりおいしく感じてしまう。



【2018年新発売】本麒麟 [ 350ml×24本 ]
【2018年新発売】本麒麟 [ 350ml×24本 ]
posted by 市川市民 at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

エックピルス

ドイツのビール、エックピルスを飲んだ。原材料は麦芽とホップのみのピルスナーだが、ホップの香りは強くなくコクのある味が印象的だ。あと、泡持ちがとても良かった。アルコール度数は4.9%。P1000025.JPG

posted by 市川市民 at 19:40| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

ベルギー産のマルテンス・ブルー

ベルギー産のビールだが日本向けに日本語のパッケージがされている。
ほんとにこんな会社があるのか確認したら以下のホームページがあった。
http://www.martens.be/en
世界中に輸出をしている会社らしい。
ビール自体はコクのあるピルスナー、コクというより甘みといったほうがいいかもしれない。
原材料、麦芽、ホップ、コーン、アルコール度数5%。
P1000014.JPG


posted by 市川市民 at 12:52| Comment(0) | ベルギービール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

ボディントン

久しぶりにボディントンパブエール イギリスのビールの流行なのかナイトロジェンヴィジェット(窒素ガス玉)が入っており、「マンチェスターの泡」というのが宣伝文句だが、確かにクリーミーアンドスムーズ、ぬるっとした生な感じ、ただ、小麦が入って入るせいか微妙にざらっとした感じもある。味は少し苦味とエグ味を感じるが軽め。パブ エールと書いてあるようにイギリスのパブで普段飲まれているビールを再現してくれていると思う。アルコール度数4.7%、原材料は麦芽、ホップ、小麦。
P1000013.JPG


posted by 市川市民 at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

パウラナー ヘーフェ ヴァイスビア

パウラナー ヘーフェ ヴァイスビアを近所の酒屋で見つけた。ヘ−フェとは酵母、ヴァイスは小麦の入ったビールのこと、日本語のラベルには50%以上の小麦を使用、ドイツ売上NO.1のヴァイスビアと説明されている。原材料は麦芽、ホップ、小麦、度数は5.5%。クリーミーでもっこりとした泡がすばらしい、酸味が幾分強いが、白ビール特有の香りは弱く酵母のざらつきもそれほど感じない。

posted by 市川市民 at 17:23| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

和食の生ビール 和膳

和食の生ビール 和膳を飲んでみた。原材料 麦芽 ホップ アルコール分3.5%。和食のビールのではあるが、旧来の日本のビールの特徴である、米や、コーンスターチは使っていない。また、最近の日本のビールはアルコール度数が5%が普通なので、3.5%はかなり軽い。飲んだ印象は、軽いけど、まったりとした感じで昔のライトビールみたいなスカスカ感はない。そもそも日本人の半分近くはアルコールに弱いのに、日本のビールのアルコール度数がだんだん高くなってきたことには不満だったが、このビールの場合、和食と食べるのであれば、3.5%はやはり少し軽すぎる感じた。4%位にしてくれたら良いバランスだと思う。

posted by 市川市民 at 18:37| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

ユーロホップノンアルコール ドイツ産

ユーロホップノンアルコール、ドイツ産だがかなり安く売っている。富士貿易という会社が展開していう商品でホームページには、「発酵過程を経ない独自の製法で麦芽の味わいを追求しています。」と説明されているが詳細はわからない。同じユーロホップという名前でベルギー産の新ジャンルのビールも出されている。ドイツ産特有の臭みがあるが、芳醇でのど越しもよい。同じようにドイツ産で安いヴェリタスブロイと比較するとドライで苦味も感じるヴェリタスブロイに対してこちらの方がリッチな感じ。泡もクリーミーに出来、泡もちもよかった。原材料、麦芽、ホップ、100ml当たりのカロリー17kcal。

P1020307.jpg


posted by 市川市民 at 12:22| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

ドイツビール シュロス ブロウエライ マクスルライン レオ ヴァイス

ドイツビールのシュロス ブロウエライ マクスルライン レオ ヴァイスを飲んでみた。毎年コンクールで金メダルを取っているというブリューワリーのヴァイツェンビア、原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5%、白濁したビールで泡持ちがとてもよい。柑橘系のフルーティな香り、適度なコクもありバランスのいいヴァイツェンだ。
P1020247.jpg

posted by 市川市民 at 18:04| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

キリンフリー

キリンフリーをスーパーで見たら、「つくり方から、変えて大好評」という表示がされていた。気になってまた飲んでみた。作り方から変えてというのは、2013年3月にリニューアルした時のことらしい。このリニューアルで変ったのはホップの品種を変更し、添加のタイミングを麦汁煮沸前に切り替えるのと香料を変えたとの事。確かに今まで物足りなかった苦味は少し改善したが酸味の強さと青臭さが気になるのは相変わらず。前回のリニューアルで100mlあたり18Kcalが2012年に11Kcalにかわり今回も11Kcal。カロリーを抑えている為かふくよかな質感がなく残念という感想は変らず。
P1020008.jpg

posted by 市川市民 at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

スーパーボック ポルトガルのビール

スーパーボックというポルトガルのビール、原材料は麦芽、コーン、糖類、ホップ、アルコール度数5%。コーンや糖類が入って調整されているためかすっきりドライで苦味も少し感じられる料理に合うビール。

posted by 市川市民 at 17:41| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

サッポロのエビスプレミアムブラック

平成25年5月、プレミアムという名がついてリニューアされたがエビスにわざわざプレミアムとつけるのはちょっと疑問。ラカーベースの黒ビールだかローストの苦みが強くなった。ギンギンに冷やすのではなく気持ちヌル目のほうが芳醇な香りと口当たりが柔らかになりおいしい。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5% 0031.jpg
posted by 市川市民 at 14:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

ペローニ ナストロアズーロ イタリアビール

ペローニ ナストロアズーロというイタリアでナンバーワンのビールメーカー、ベローニ社のビール、原材料は大麦麦芽、穀類、ホップ、イタリア産トウモロコシ、度数5.1%と副材料が使われスッキリした味だがちょっと青臭いホップの香りと苦みがしっかりあるところが日本のドライビールとは違いピルスナーらしさははずしていない。どんな料理にもあうビールだ。
025.JPG


posted by 市川市民 at 18:06| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイセルズヴァイス 白ビール

久しぶりに高級なヴァィツェンビアを飲んだ。近所の酒屋に置いてあったマイセルズヴァイス、大麦麦芽と小麦麦芽を50%づつ使用し瓶内二次発酵をさせた南ドイツの伝統的なヴァイツェンビア。バナナようなのフレッシュでフルティーな香りは強いが味はかなりあっさりしている。ビールの色は酵母により濁ってはいるが、それほど濃くはなくおいしそうに思える色。アルコール度数5.2%。
007.JPG

アマゾンにもありました。

posted by 市川市民 at 12:15| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

銀河高原ビール 白ビール

銀河高原ビールの「小麦のビール」は小麦の麦芽を使うドイツのヴィツェンビールのレシピだが、こちらは麦芽化されていない小麦を発酵に使うベルギー風のビール。ただ、ベルギーの白ビールはコリアンダーや、オレンジピールが加えられていることが多いが、このビールは麦芽(大麦、小麦)とホップのみ。ベルジャンビール酵母を使いベルギービール風だがこの表記からすると麦芽化された小麦を使っているように読める。アルコール度数は5%。香りは柑橘系でバナナ臭も少しあり豊かだが質感はスッキリしている。白ビールというだけあってビールの色もかなり色も白っぽい。

日本の定番ビール
017.JPG

posted by 市川市民 at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

キリンフリー、リニューアル

2013年3月13日にリニューアル。早速、飲んでみた。原材料は麦芽、糖類(果糖ブドウ糖液糖、水あめ)、ホップ、、酸味料、香料。今回のリニューアルで変ったのはホップの品種を変更し、添加のタイミングを麦汁煮沸前に切り替えるのと香料を変えたとの事。確かに今まで物足りなかった苦味は少し改善したが酸味の強さと青臭さが気になる。前回のリニューアルで100mlあたり18Kcalが2012年に11Kcalにかわり今回も11Kcal。カロリーを抑えている為かふくよかな質感がなくちと残念。

004.JPG

ノンアルコールビール飲み比べ
posted by 市川市民 at 12:57| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

サッポロ プレミアムアルコールフリーブラックのリニューアル

平成24年5月発売で当初飲む前はノンアルコールの黒なんて馬鹿にしていたが意外においしい。このノンアルコールビールが2月にリニューアル。従来から変らないリッチな質感がしっかりあり、泡もクリーミー、のどごしも本物の黒ビールと同じような感じ。苦味はあまりないがカラメル臭は少しあるが、料理の邪魔にならない程度。酸味はちょっと強いがアルコール0.00%でここまで完成度が高いのは立派。今回のこの2月のリニューアルでプレミアムアルコールフリーと同様に酵母入りとなり生というのが強調された。このリニューアルで更にクリミーな質感がアップしたような気がする。原材料は、麦芽、水あめ、ホップ、酵母、カラメル色素、酸味料、香料、100mlあたり28Kcal。前のパッケージあった苦味料、酸化防止剤の表示はなくなった。

001.JPG

サッポロ プレミアム アルコールフリー ブラック 350ml×24本

ノンアルコールビールの飲み比べ
posted by 市川市民 at 22:55| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

フォーエレメンツ

ホームページによるとフォーエレメンツというのはアリストテレスの言う水、火、大地、空気でこのビールにもそこからはぐくまれるドイツの水、火の力で作られる麦芽、大地から作られるホップ、さらに酵母にそのエレメンツが見出されるという理屈っぽい名前のようだ。原材料は麦芽、ホップ、アルコール度数は5%。青い草のような香り、酵母入りの為かぬるっとした質感で確かにオーガニックな感じのするビールだ。004.JPG
posted by 市川市民 at 18:15| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

プレミアムアルコールフリー サッポロ リニューアル

この2月に大幅な味の変更があった。以前ははドイツ製のアルコールフリーに近く芳醇で苦味もあり、ホップの香りが強く感じられたが少し日本のノンアルコールらしい味に戻ってしまったようだ。今回の変更で「酵母マイルド製法」という酵母を使った製法に変更、生を強調したパッケージになっているが味は少し苦味が減った気がする。原材料は麦芽、水あめ、ホップ、酵母、酸味料、香料、前のパッケージあった苦味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤等の表示は消え酵母の表示が追加された。100mlあたり22Kcal。
009.JPG

ノンアルコールビール飲み比べ
posted by 市川市民 at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

サッポロ 蔵出し生ビール

サッポロ蔵出し生ビール
コンビニで買ってきたビールだが通販で探してもない。サッポロのホームページを見てみるとコンビに限定商品のようだ。
復活総選挙第一位のビールとかかれている。限定ビールには珍しくアルコール度数は4.5%と軽く原材料も麦芽とホップのみ。飲んだ感じも柔らかでしかも苦味がちょっと感じられる。蔵出し生のイメージの為かちょっとぬるっとした感じを出している。このぬるっと感がなく、もう少しホップの香りが強くなれば理想イメージのど真ん中になってくるのだが。まあ、これでもなかなかいいのでコンビニの限定商品でなく定番商品にしてほしいところ。
002.JPG日本の定番ビール飲み比べ
posted by 市川市民 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

銀河高原ビール ペールエール

002.JPG
銀河高原ビール ペールエール(缶) 350ml×24本hn

銀河高原ブランドでコンビニの定番となっているペールエール、ペールエールというのは淡色の上面発酵のビール事だが、黒ビールと比較して淡色いうことであり、かなり濃い琥珀色。酵母の為か少し濁りもある。飲んだ印象は酵母を感じるかなり本格的なエールでかすかにオレンジのような華やかな香りとさわやかな苦味もある。アルコール度数は5%で日本の高級?ビールに多いアルコールを強くすることで飲み応えを出すという手法をとっておらず好感が持てる。原材料は麦芽、ホップ。
posted by 市川市民 at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

ヴァイエン ステファンヘフヴァイス ドイツヴァイスビア

最近はしっかりと酵母の入ったヴァイスビアがマイブームた。ヘフヴァイスのへフとは酵母のこと。ヴァイエン ステファンはバイエルン政府が経営する会社で世界最古の醸造所で作られるヴァイスビアだ。バナナのような香りが強く、やわらかい味で甘く苦味はほとんどない。酵母が入っているビール特有の舌触りがあるが、ざらつきはそれほど強くなく軽くスムーズ。個人的な好みからすれば酵母入りのビールならばもうちょっと質感がしっかりしていたほうがいいと思ったが、コクのあるチーズをつまみにしたらぴったりだった。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5.4%。002.JPG

posted by 市川市民 at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

ドイツビール ヴァイツェンカプツィーナ ヴァイツェン 

最近はまっているヴァィツエンビア、近くの輸入食品の店で500mlで300円くらいでヴァィツエンビアとしては格段に安い。コク、甘み、バナナ臭がしっかりありおいしい。
ドイツビール ヴァイツェンカプツィーナ ヴァイツェン 500 缶 ドイツビール

014.JPG
posted by 市川市民 at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

エルディンガー ヴァイスビア ミットファイナー ヘーフェ

お正月、最初のプレミアムビールはドイツで酵母入りの上面発酵の小麦ビールで最も売れているエルディンガー ヴァイスビア ミットファイナー ヘーフェを飲んだ。原材料は小麦、大麦、酵母、ホップ、アルコール度数は5.3%、ヴァイスビアの中ではもっとも軽く飲みやすいがヴァイスビアの強いバナナ臭や、ちょっとザラッとした質感をイメージして買うと期待はずれかな。ヴァイスビアの初心者向き。
002.JPG
ドイツ産★ビール★エルディンガー ヴァイス ビア ヘーフェ

posted by 市川市民 at 17:57| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

スカイ ビールテイストドリンク ノンアルコール

近所の業務スーパーで見つけた韓国産のノンアルコール、スーパードライのようなパッケージでキレ味爽快と書いてある。アルコール度数は0.7%、原材料は麦芽、コーンスターチ、100mlあたりのカロリー19kcal 詳しくはわからないが、アメリカ産や、オーストラリア産のように軽く発酵させて作るタイプ手はないだろうか。酸味と甘みは強いが、臭みはなく軽い味わい。ドライということはないがすっきりしている。色も薄い。残念ながら通販では見当らない。003.JPG
この商品は出ていませんが、ノンアルコールビールについてのホームページ
posted by 市川市民 at 21:37| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

エルディンガー ヴァイスビア ドゥンケル 小麦ビールのラガータイプの黒ビール

エルディンガー ヴァイスビア ドゥンケル
ラベルの裏には伝統的バイエル醸造芸術を満喫していただける、良質ビール酵母入りの黒ビールと書かれている。原材料、小麦、大麦、酵母、ホップ、アルコール分5.3%。小麦ビールのラガータイプの黒ビールという独特なタイプ。ローストから来るチョコレートのような感じはあるが、一般的な黒ビールよりライトで小麦ビール特有の甘さ、バナナ臭までは行かないがそれに近いものは残っている。010.JPG
posted by 市川市民 at 00:00| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

ウェストマールトリプル ベルギービール

今日は平日だが、おいしそうなビーフシチューが出できたので取って置きのベルギーのトラピストビールを出してしまった。ウエストーマールトリプル、度数は強いが、色は淡い色で炭酸が強く、柑橘系のような香りと苦味、グレープルーツのピールが入っているかと思う。アルコール度数が高いので腹にしみわたる感じ。アルコール度数9.5%、原材料、麦芽、ポップ、糖類、酵母、ヴェストマル修道院はトラピストピールとしては、シメイについて生産量が多いそうだが、納得できる。度数の少し低いダブルもあるそうだ。002-2.jpg
ウエストマール トリプル 330ml 9.5度ベルギービール

ウエストマール トリプル 330ml 9.5度ベルギービール


posted by 市川市民 at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

グーデンカルロスクラッシック

007-2.jpg原材料は麦芽・ホップ・コーン・糖類、アルコール度数は8.5%、濃く少し濁った赤褐色。最初の印象はコリアンダーの香り、そのあとはチョコレート、干しぶどうだが、さらにいろんな印象の複雑で甘い香りが楽しめる。フルボディなビール。グーデンカルロス【楽ギフ_包装】
posted by 市川市民 at 23:32| Comment(0) | ベルギービール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

小麦ビールのノンアルコール、バイスビア エルディンガー ドイツ産

小麦ビールのノンアルコールビール、バイスビア エルディンガー ドイツ産
019.JPG
酵母入り小麦ビールのトップメーカーが作る小麦ビールのノンアルコールビール。珍しいタイプのノンアルコールビールだ。原材料は小麦・大麦・酵母・ホップ、アルコール度数は0.4%。白ビール特有のバナナ臭はかすかにしかないが甘みのあるビール。日本のノンアルコールビールの作られ甘さとは違い小麦からくる上品な甘さ。ドイツのノンアルコールビールに多いへんな臭みはない。
posted by 市川市民 at 20:35| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

ノンアルコールビール ビットブルガードライブドイツ産

002.JPG
アルコール度数0.0%でドイツ産。カロリーは100mlあたり26kcal、原材料は当然、麦芽、ホップのみ。ビットブルガーはビールのブランドとしてもドイツの大手銘柄。ふくよかなモルツ感としっかりした苦味がありおいしい。ドイツ産独特の臭みも抑えられていて値段はかなり高いがそれだけの価値がある。


posted by 市川市民 at 21:23| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

ギロチン ベルギービール

今日は平日なのに禁を破ってベルギービールを飲んでしまった。ギロチンという名前のビール。
005.JPG
処刑台のギロチンの考案者の名前をつけたビールということだが、ラベルの絵はギロチンそのもの。瓶のデザインも赤く血のイメージだ。ビールもアルコール度数8.5%と強い。色は淡いゴールデン、香りは柑橘系の香りと苦味が感じられる。少し辛口だが複雑な味と香りが楽しめる。

posted by 市川市民 at 23:24| Comment(0) | ベルギーnoビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

グランドキリンを飲んだ

キリンビールがセブンイレブンで先行販売しているグランドキリンを飲んだ。
麦芽、ホップ、アルコール度数6%、スペシャリティプレミアムビールと称するビール。
日本の高級ビールにありがちなコクの強調、しつこさ、まったり感がなく、スッキリでありながらホップが香る感じにまとめられておりおいしかった。残念ながらまだ通販にはでてきていない。002.JPG

日本の定番ビールの込み比べhttp://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/JPbeer.html
posted by 市川市民 at 10:35| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ産、ノンアルコールビール、ヴェリタスブロイ、クラッセロイヤル、アルコール0%

ドイツ産のノンアルコールビールにもアルコール度数が0.00%、ヴェリタスブロイ、クラッセロイヤルなどアルコール0.00%や、0.0%のものが増えてきた。昨日はこの二つのノンアルコールビールを飲んでみた。
クラッセロイヤル005.JPG
クラッセロイヤルはよくコストコで売られている商品。ドイツ産でビール法にのっとって作られたもの。100mlあたり17kcal。カロリーを抑えている為か、豊潤なモルト感はないがそこそこドイツ産らしい苦味とモルトから出来た味。ぬるくなると甘酸っぱい味や、ちょっと青臭い感じが立つのでガンガンに冷やしてのみたい。アルコール度数0.00%としては評価出来る。


次はヴェリタスブロイ。ドイツ産でビール純粋令を守っ手作られたもので原材料はモルトとホップのみ、アルコール度数は0.0%、脱アルコールビールと表記されている。値段が比較的安いのがいい。100mlあたり12kcalとカロリーを抑えているのもあると思うがドイツ産にしてはかなりドライな感じ、多少、気になる匂いは感じるが、切れとホップの渋みも感じられる。0.0%まで抑えられているノンアルコールビールの中ではかなり上出来。

ノンアルコールビール飲み比べhttp://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/beermain.htm
posted by 市川市民 at 10:15| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

シメイホワイトを飲んだ

先週末に続きベルギービールのシメイシリーズ、シメイワイトを飲んだ。
シメイホワイト005.JPG
シメイホワイトは小麦だけの白ビールと紛らわしいため、ラベルにはトリプルと記されている。トリプルとは強くて色は薄いタイプのビール。シメイレッドとシメイブルーは濃褐色だがホワイトは少し濁った琥珀色、泡立ちも多い。ホップを多く使っており苦味がしっかり、ドライで切れがあるが香りは複雑、小麦のビールの香りもある。アルコール度数 8%、原材料 大麦麦芽、小麦麦芽、糖類、ホップ、酵母。


posted by 市川市民 at 18:14| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

シメイブルー

シメイブルーを飲んだ。
004-1.jpg
シメイのビールはシメイレッド、シメイホワイトとあるがシメイブルーはシリーズで一番度数の高いビール、原材料は 大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類 、酵母、アルコール度数9%。熟成を楽しむトラピストビールなのでラベルには製造年が記されている。色は黒く濁っており、甘いフレーバだが、ラベルの日本語の説明にはローズのような花の香りとあったがチョコレートかバニラが近いような気がする。味は少し甘め、炭酸も意外に強い。度数が強いのでしっかり五臓六腑にしみる感じ。


posted by 市川市民 at 00:28| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

ウィッチクラフト ブロンド イギリスビール

お盆休みで休日、今週は毎日ビールが飲めるぞ、今日はウィッチクラフト ブロンド イギリスビール007.jpg
原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数4.5%。ブロンドビール、裏の日本語の説明にはほのかに紅い色合いと書かれていたが、紅いという色合いではなかった。ただ、確かに3種類のホップが醸し出すとシトラスの香りと説明されているとおり、イギリスビールにしてはホップの香りと苦味が効いて切れのいいさわやかなドライなビール、更に注意深く味合うと複雑なエールの香りもあリなかなか良い。ウィッチクラフトというのは魔女の魔法か、この辺もイギリスらしくていい。

posted by 市川市民 at 19:08| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェッファー ホッファー グレープフルーツ

昨日飲んだビアカクテル、シェッファー ホッファー グレープフルーツ。001-2.jpg原材料、麦芽、ホップ、グレープルーツジュース、砂糖、レモンジュース、オレンジジュース、クエン酸、酸化防止剤(VC)、香料、安定剤(ローカスト)、コチニール色素、炭酸ガス含有、麦芽使用率25%以上50%未満、アルコール度数2.5%。ラベルにはWEART BEER(小麦ビール) MIXと書いてある。白ビールとグレープフルーツジュースを半々に混ぜたようなビールカクテル。色はオレンジの濁った色。グレープフルーツの苦味とビールの味が重なりマッチしている。

posted by 市川市民 at 18:58| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

フレンスブルガードゥンケル ドイツのビール

今日はフレンスブルガードゥンケルというドイツのビールを飲んだ。DUNKEL.jpg
ドゥンケルとはドイツ語でダーク(暗い、つまり濃い)ということ。ロースト小麦とミネラル感といううたい文句だが、確かにミネラルを感じる舌触り。色は茶褐色だが濁ってはいなく甘みはなくすっきりしている。ロースト小麦のビターなラガービール。原材料大麦麦芽、アルコール度数4.8%。おいしいが値段が高い。私が買った値段は590円だった。
posted by 市川市民 at 18:29| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

ベルギービール 白濁(しろにごり)

日曜日に飲んだのだが書き込むのを忘れていた。
ベルギービール 白濁(しろにごり)というちょっと変ったビール。原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、大麦、小麦、ホップ、天然白生酵母、アルコール度数5%、麦芽使用率25%未満、ベルギービールは発泡酒が多いが麦芽使用率25%未満と表示しているのははじめて見た。日本向けの商品なので税率の安い分類にしたのだろうか。しろにごりというが、普通の白ビールの濁り方。独特だがすっきりしたいい香り、かすかにヨーグルトのような匂いや、オレンジピールのような味も感じられる。麦芽使用率が少ない為か飲み口もすっきりドライで食事と飲んでもいける。酵母が飲み口にたまるよう通常とは逆に陳列させるため、缶のプルトップを下にした印刷となっている。

ベルギービール飲み比べ
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/BELbeerworld.html
posted by 市川市民 at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

フラーズ ロンドン プライド

ターゲット、チャレンジャー、ノースダウンという3種類のモルトを使っている。色は濃いブラウン。なめらかさと複雑な味わいを持つプレミアム エールということだが、確かに滑らかで、口に含んだ時はモルト香りと甘み、後味は苦味がつよい。原材料は麦芽、ホップ、アルコール度数5%。少しぬるめで香りを愉しみながら飲むビール。

フラーズ ロンドン プライド

フラーズ ロンドン プライド
posted by 市川市民 at 18:13| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

日曜日に飲んだメキシコビールソルと青島ビールスタウト

日曜日に飲んだビールの感想です。書き込み忘れていたので。
メキシコビールソルですが、コロナに似たボトル、ソルは太陽という意味、原材料は麦芽、ホップ、コーンスターチ、酸化防止剤(L-アスコルビンサン酸ナトリュウム)、度数は4.5%。中身もコロナに似た感じかあるが、コロナより炭酸が強く、一口目はシュワとした感覚が味わえる。メキシコビールらしく炭酸のシュワのあとは柔らかな口当たりと苦味の少ない夏向きビールでした。

二本目はチンタオビールのスタウト、さっぱりが売りの青島ビールのイメージに合わないが、アルコール度数7.5度のスタウト、原材料は大麦麦芽、米、ホップ。詳細はわからないが、味からするとスタウトといっても下面発酵、ローストの風味は強いがカラメル臭は弱い。泡立ちは多いがクリーミーとはいえない。度数が強い割りにさっぱりした感じで料理ともあいそう。
青島 スタウト 瓶 355ml

青島 スタウト 瓶 355ml
posted by 市川市民 at 22:35| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ドウシシャのビアティスト0.00%と真露ジャパンのビッキー

昨日、今日とあたらしいノンアルコールをビールを飲んだのだが、似ている。というか、同じではないかと思うがはっきりはわからない。
昨日飲んだのは
ブローリーを輸入しているドウシシャが販売している。缶にはブロリーと横文字で書いてあるが原産国は韓国。原材料は麦芽、オリゴ糖、ホップ、酸味料、香料、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)、100mlあたり19kcal。日本ノンアルコールの味だか、甘み、酸味が強く苦味が弱い。日本のノンアルコールより安いのはメリット。

ドウシシャ/ビアテイスト 0.00% 350ml

ドウシシャ/ビアテイスト 0.00% 350ml


今日、飲んだのは真露ジャパンのビッキー。
真露ジャパンが韓国のNO.1ビールメーカー、ハイト社に生産を委託して輸入しているもの。原材料は原材料は麦芽、オリゴ糖、酸味料、香料、ホップ、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)、100mlあたり19kcalとなっているが、これはドウシシャのビアティストとホップの記述順位が違うだけで同じ。また、100mlあたり、たんぱく質0.1-0.5g、脂質0g、糖質4.5g、食物繊維0-0.2g、ナトリウム0-12mg、という内容も同じ。詳細はわからないが味も極めて似ている。

ノンアルコール Bikky ビッキー 350ml (ビールテイスト炭酸飲料)

ノンアルコール Bikky ビッキー 350ml (ビールテイスト炭酸飲料)
posted by 市川市民 at 21:49| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

神戸居留地のファインブリュー

昨日に続いて初めて飲むノンアルコール、神戸居留地のファインブリュー。
ノンアルコールビールで神戸居留地という意味不明の名前だが富永食品という神戸の企業のブランドらしい。ホームページを見るとドイツ産モルトエキスを使用した本格派ビアテイスト飲料とのこと。確かにすっきりしているが若干甘みが強くカロリーを抑えているせいか軽い。星ふたつぐらいかな。安い割りに飲める。アルコール分0.00%、原材料、麦芽エキス、糖類(果糖ぶどう糖液糖、水あめ)、食物繊維、香料、ビタミンC、安定剤(アルギン酸エステル)、乳化剤、ロイシン、酸味料、カラメル色素、100mlあたり9Kcal。


posted by 市川市民 at 21:19| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

サンガリア、ホップの香り

今日はまた新しいノンアルコールを飲んだ。 西日本では有名なサンガリアの商品、ジュースメーカーの為かあまずっぱい。ホップの香りという名前だが苦味は強くなく複雑な苦味、ビールメーカーの商品とは違う味だがそれなりにおいしい。原材料、糖類(果糖ぶどう糖、液糖、麦芽糖)、水溶性食物繊維、麦芽エキス、ホップ、酵母エキス、酸味料、香料、調味料(アミノ酸)、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK)、ビタミンB2、アルコール0.00%、100gあたり17Kcal。

ノンアルコールビール飲み比べhttp://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/beermain.htm
posted by 市川市民 at 20:57| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

ブローリーの黒

平日なのでノンアルコールビールを選んだ。ブローリーの黒、しかしながらいまいち、ノンアルコールビールで黒ビールのテイスト目指しているが同時にカロリーを抑えているためかおいしくない。甘みがなくすかすかしていて無理につけたカラメル臭もいやな感じ。アルコール度数は0.5%。原材料は糖類(水飴、砂糖)、麦芽エキス、ガラナ抽出物、食塩、カラメル色素、香料、苦味料、酸味料。カロリーは100mlあたり6kcal。
黒ビアテイスト ブローリー BLACK 350ml×24本
posted by 市川市民 at 20:57| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

アサヒスタウト、黒生

アサヒの黒生とスタウトを飲んでみた。
ます、黒生は昔からある黒ビール、原料料、麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ; アルコール度数5%、そもそもアサヒの生という名前がなつかしい。ラベルにはミュンヘンスタイルと書いてある。カラメルの香り、コクはしっかりありそれなりにおいしいが味、質感は副原材料の割合が多いためかふくよかではなくすっきり感、泡もクリーミーとはいえない。日本の黒ビールのイメージをあらわしたビールといえる。
アサヒ 黒生 350ml×12缶セット 【包装・熨斗可】
つきはアサヒスタウトですばらしかった。
上面発酵で作られたスタウト、原材料は麦芽、ホップ、糖類、アルコール度数8%で本当に強い。黒生や、スーパードライブラックと違いさすがに本格的、甘く、濃く、コクがあり力強い。独特の甘酸っぱくフルーティな香り、イギリスのスタウトに近いがどこか日本らしく雑味は少なくわざわざ日本製のスタウトを飲む気にさせる。アサヒスタウトを造りながらなぜスーパードライブラックにコクがあるといえるのだろうか。アサヒスタウトを飲むとキリンの一番搾りスタウトは偽物に思える。
アサヒ・スタウト334ml
日本の定番ビール、飲み比べ
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/JPbeer.html
posted by 市川市民 at 23:21| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

よなよなエール

よなよなエールは銀河高原の小麦ビールとともにコンビニの定番となっている軽井沢の地ビール、ペールエールタイプだがさわやかなグレープフルーツの香りがする。飲んだとたんにするグレープフルーツ臭はすばらしい。海外のビールでもこんなにグレーフルーツに近い香りがするのは珍しい。にしっかりとした苦味とコクもありハードな味わいのビール。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5.5%。

日本のビール、国産ビール飲み比べ
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/JPbeer.html

よなよなエール

posted by 市川市民 at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

アサヒプレミアム生ビール熟撰

アサヒプレミアム生ビール熟撰を飲んだ。プレミアムビールという名前のビールであるが原材料は麦芽、ホップ、米、スターチであり日本のビールの伝統にのっとり米とスターチの副原材料が使われていることはうれしい。苦味があるがすっきりした感じもある。ただ、アルコール度数が5.5%と高めですこしきつい感じが出てしまっている。飲み応え、インパクトを出すために5.5%しているのだろうがこの味のバランスなら5%以下にしてほしかった。



日本のビールについて
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/JPbeer.html
posted by 市川市民 at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

銀河高原ビールの定番「小麦のビール」

どこのコンビにでも見かける銀河高原ビールの定番「小麦のビール」を飲んでみた。岩手県沢内村に東日本ハウス株式会社を設立した中村功という人が始めたマイクロブリュワリーだが、この小麦のビールはスーパー、コンビニに置かれる定番となった。南ドイツのヴァイツェンをレシピとして作られているが、ドイツのヴァイツェンに感じるバナナ臭は弱くむしろスパイスは入っていないがベルギーの白ビールに近い感じがする。酵母入りで酵母の少しざらついたのど越しが心地よいさわやかなビール。大手の商品にない個性も感じる。原材料、麦芽100%(小麦、大麦)、ホップ、アルコール度数5%。

posted by 市川市民 at 18:44| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

タヒチのヒナノビール

南太平洋にあるフランス領の島(フランス領ポリネシア)、ヒナノというのはシンボル絵になっている娘の名前。このラベルの絵がタヒチらしく人気でお土産のTシャツ等にプリントされている。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5%。南国のイメージとは違い、ホップの香り苦味はあるが甘みは少なくドライなビールで料理と飲みたいビール。


posted by 市川市民 at 22:50| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

アサヒスーパードライ ブラック

スーパードライの黒だが、黒ビールらしさがなくスーパードライに少しえぐみが加わった味。泡もクリーミーではなく普通。カラメル臭もなく目をつぷって飲めば、黒ビールとは思えない。ホームページには豊かなコクと説明されているが、コクの定義が間違っていないだろうか。原材料は、麦芽、麦芽エキス、ホップ、コーンスターチ、アルコール度数5.5%。ドラフトギネスなどは、黒ビールでもドライ印象があるが、こんなに味気なくはない。もう少し、違うアプローチはなかったのかと思う。

posted by 市川市民 at 18:32| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

ツィラタールプレミアムピルス,オーストリアのプレミアムピルスナー

オーストリアのチロル地方のビール、オーストリアで最初に醸造されたというピルスナービールで最低でも3ヶ月かけて低温で熟成させているプレミアムラガー。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5%と日本語のラベルには書いてあるが、ドイツ語のラベルには4.9%と書いてある。栓を抜くとホップの青いさわやかな香りが広がり、柔らかな口当たりとしっかりした苦味があるがしつこさはない。

posted by 市川市民 at 22:13| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンカーポーター

昨日の夜、アメリカの黒ビールをアンカーポーターを飲んだ。
アンンカーブランドはサンフランシスコの老舗マイクロブリュワリー、イギリスのポーターと比べると炭酸が強い。ホームページではアメリカンポーターと称している。濃厚なフルボディな質感、苦味も、甘みもしっかりあり、泡もものすごくクリーミーでカラメル臭のする甘酸っぱい香りが楽しめる黒ビールの王道。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5.6%。

posted by 市川市民 at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルクエビス

サッポロのシルクエビスを飲んでみた。画一的な商品しか作らないといわれている日本の大手四社のビールにしては珍しく、小麦麦芽が配合されている。上面発酵ではないようだが、かすかに小麦ビール特有のバナナ臭があり、泡もきめ細かなビール。原材料、麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ、アルコール度数5.5%。

posted by 市川市民 at 13:45| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

キリンハートランドとエビス ザ ホップ

キリンハートランドとエビス ザ ホップを飲んでみた。どちらも似たようなビールだがホップの効きはエビスのほうが明確かな。
エビス ザ ホップはエビスビールのシリーズでホップが効いたもの。もともとサッポロビールは過去に強烈にホップの効いていたエーデルピルスを出すなどホップにこだわりがあると思う。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5.5%。さわやかなホップの香り、苦味があるがもう少しアルコール度数を抑えて軽い感じにしてほしい。

モキリンハートランドもモルト100%のビールでコクと苦味もそこそこあるが、まったりした感じはなくすっきりと仕上がっている。ホップの香りもさわやか。原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数5%。

posted by 市川市民 at 20:01| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

サッポロプレミアムアルコールフリーブラック

サッポロから新発売のサッポロプレミアムアルコールフリーブラックを早速飲んでみた。発売日は23日のはずだが近所のワイズマートでもう売っていた。
飲む前はノンアルコールの黒なんて馬鹿にしていたが意外においしい。リッチな質感がしっかりあり泡もクリーミー、ギネスドラフトに近いと思う。のどごしも本物の黒ビールと同じような感じ。苦味はあまりないがカラメル臭は少し、ただ料理の邪魔にならない程度。酸味はちょっと強いがアルコール0.00%でここまで完成度が高いのは立派。原材料、水あめ、ホップ、カラメル色素、酸味料、香料、苦味料、酸化防止剤(ビタミンC)、100mlあたり28Kcal。
posted by 市川市民 at 21:56| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

プレミアムモルツ、スーパードライ

日本のビールで、両極端なタイプのザ・プレミアムモルツ 350mlスーパードライ 350mlを飲み比べてみた。
まず、プレミアムモルツ、思ったより苦味があるがモルトのまったりとエキス感が強く濃い感じが強調されている。原材料は麦芽、ホップ、アルコール度数5.5%。こんな濃い感じではスポーツの後とか、サウナの後に飲むビールとしてはふさわしくない。食事と飲むのにもちょっと重すぎる。金曜日の夜につまみと飲むなら如何にか耐えられるか。
次にスーパードライ、プレミアムモルツのあとに飲むと、すっきりしているというよりはスカスカな感じがする。旨みがないビールというのが良くわかる。ドライ言うのは、麦芽の割合が少なく副原材料が多く、発泡酒に近いということになろう。麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。度数は5%。こちらは食事とは合うが、ビールの味を楽しむという意味では旨みがなく好きではない。
いずれのビールも両極端で、麦芽100%のビールならもう少し質感が軽く味もすっきりしている一番搾り 350ml、副原材料をつかったタイプならもう少しやわらかく旨みもあるサッポロの黒ラベル 350mlがいいかな。

日本のビール飲み比べhttp://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/JPbeer.html

posted by 市川市民 at 10:47| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

アビィビール

アビィビール 330ml缶 フランス


アビィビールというそのままの商品名で売られているアビィビール、フランスのサントメール醸造所で作られている。1缶200円弱とベルギービールとしては格安の値段。缶には日本語で印刷されており日本向けになっている。アルコール度数は6%、原材料は麦芽、ホップのみ。複雑な味はなく、ペールエールのようなコクと質感のあるのみ応え。ベルギービールとしてはオーバルに近い。
posted by 市川市民 at 13:21| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

オーバル(オルヴァル),ベルギービール

ベルギービールで、大変有名なオーバルを飲んだ。通販の紹介をしながら恐縮だが近所の酒屋で650円で買ってきた。ベルギービールを代表するトラピストビールのひとつ。原材料 マチルドの泉の水、モルト、ホップ、キャンディーシュガー、アルコール度数 6.2%。発酵は三段階に別れて行なわれブレタノミュケスという野生酵母も含む10種類の酵母も使われてるとのこと。5年瓶のまま熟成が可能ということで、2012年4月に購入したが賞味期限は2016年8月だった。少しランビックに近い香りがするが意外に甘みはなく渋みがある。また、炭酸も強い。作りたてはフルーティだが、だんだん、ドライになってくるらしい。個体によりだいぶ違いがあるかもしれないが世間的には評価が高いので正直、期待はずれだった。
オルヴァル (並行輸入品)

オルヴァル (並行輸入品)
posted by 市川市民 at 22:59| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

キリン 休む日の0.00% リニューアル

キリン 休む日の0.00%が4月11日にリニューアルして発売になっているのだが、遅ればせながら飲んでみた。キリンフリーの初期の味に近い感じがするがオルニチンという成分が入っているせいか、エキス感を感じるが成分の効果があるような気はしない。回復系アミノ酸という触れ込みなので、疲れた時飲んでみるといいかもしれない。リニューアルで酸味が強くなったように感じるが、フリーが軽くなりすぎたのでこちらの方がふくよかでおいしい。原材料表記は、麦芽、オルニチン、砂糖類(マルトオリゴ糖、グルコオリゴ糖)、ホップ、酸味料、香料、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、100mlあたり16Kcal、オルニチン115mg。
キリン 新 ! 休む日のAlc.0.00%  350ml缶 1ケース(24本入)

キリン 新 ! 休む日のAlc.0.00% 350ml缶 1ケース(24本入)
posted by 市川市民 at 21:55| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

バーリアル ノンアルコール

バーリアルの3つのフリーが意外に良かったので、昔飲んですごく悪い印象だった普通のバーリアルのノンアルコールを飲んでみた。が、残念ながらまずかった。味がすっぱく、ちょっとそのすっぱさに近い匂いもあり、そのままではまずい。食事と一緒に飲むと耐えられるが、そこまでして飲む必要もないだろう。
苦味はなく、水っぽく芳醇な感じもない。原材料はオリゴ糖、麦芽エキス、酵母エキス、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、苦味料ということで、他の国産と同じタイプだが、完全なノンアルコールビールはプライベートブランドでは味の調整が難しいのだろう。100mlあたり17Kcalぐらい。

posted by 市川市民 at 20:10| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

バーリアル 3つのフリー


バーリアル 3つのフリーを飲んだ。糖質ゼロのタイプは糖質ありのタイプに比較して、薄い感じと若干のすっぱさはあるがバランスが良い。糖質ゼロなので薄い味わいでさっぱり仕上げている。糖質ゼロだが100mlあたり2kcalと表示しているのも正直な感じがする。原材料は、麦芽エキス、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、苦味料、甘味料(アセスルファムK)。国産と表示がある。


posted by 市川市民 at 21:52| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

ドイツビール シュパーテン ミュンヘナーヘル

世界最古のラガービールらしい、日本語のラベルにも元祖ラガービールと書かれている。一口、口に含むとホップの香りとさわやかな苦味が広がる。日本のプレミアムビールのような甘いまったり感はなく切れがある。裏の日本語ラベルには苦味が少なくとあるが、それなりに苦味はある。ただ、さわやかな苦味。原材料、麦芽、ホップ。アルコール度数は日本語ラベルには5%、元のラベルには5.2%と書いてある。

ドイツビール シュパーテン ミュンヘナーヘル 355ml

ドイツビール シュパーテン ミュンヘナーヘル 355ml
posted by 市川市民 at 18:26| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

ステラ ベルギーのビール

ベルギーの売上のナンバーワンのプレミアムラガーということだが、分類はなぜか発泡酒でキリンの端麗に多少ホップの香りを強くしたというような味。原材料は麦芽、コーン、ホップ、麦芽使用率50%以上、アルコール度数5%。



ベルギービール
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/BELbeerworld.html
posted by 市川市民 at 23:27| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

アサヒのザ・マスター

ドイツのピルスナータイプをイメージしたビールだがアルコール度数は5.5%で味も濃い感じがする。本来のピルスナーはもう少し軽めだと思うが苦味、コクがしっかりとありおいしい。プレミアムタイプの様だが値段は普通な点もl好感が持てる。原材料は麦芽、ホップ。

posted by 市川市民 at 11:29| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

ミラードラフト

ミラーがコストコで売っていたので買っていた。
バドワイザー、クアーズと共にアメリカの三大ビールブランド。日本で売られなくなった時期もあるが独自のコールドフィルターで濾過した少しプレミアムな生ビールタイプが入って来るようになったようだ。原材料、大麦麦芽、コーン、ホップ。アルコール度数4.7%。アメリカのビールらしい甘い香りと軽く(悪く言えば薄い)スムーズな口当たりで、ギンギンに冷やして暑い日に飲むのがふさわしい。

【日本ビール】ミラー・ドラフト 缶 355ml アメリカビール 【入荷に時間がかかる場合がございます】

【日本ビール】ミラー・ドラフト 缶 355ml アメリカビール 【入荷に時間がかかる場合がございます】


アメリカのビール
http://beer.soragoto.net/beerworld.html
posted by 市川市民 at 22:56| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

  カプツィーナ・ヴァイツェン ドイツ

ドイツのヴァイツェンビアが近くの酒屋で安売りしていたので購入。
バァイツェンビア特有のバナナの香り似たフルーティな香りはあるが軽く、飲みやすい。なかなかおいしかった。原材料は麦芽、ホップ、アルコール度数は5.4%。

ドイツのビール
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/DEUbeerworld.html


posted by 市川市民 at 19:49| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

キリンフリーがリニューアル

キリンフリーが新しくなったそうなので飲んでみた。2011年年初に麦芽100%麦汁を名乗るようになり、成分の表示が変わった。更に今年の1月にリニューアル。以前は麦芽、食物繊維、ホップ、酸味料、香料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料だったが2011年に食物繊維と苦味料が消えて砂糖類(果糖ブドウ糖液糖、グルコオリゴ糖)が加わり今回に酸化防止剤が消えた。ドイツ産のように麦芽とホップで100%ではなく、使われている麦汁が麦芽100%。100mlあたり18Kcalが今回に11Kcalにかわった。しかし、今回のリニューアルは味、質感が軽くなり、ふくよかな感じもなくなり私は評価しない。星5つから3つにランクダウン。キリンフリーは国産ではサッポロのプレミアムフリーとともにおいしいと思っていたが残念だ。
posted by 市川市民 at 22:02| Comment(0) | ノンアルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

サリトス ドイツのフレーバービール

テキーラの香りが加えられたビール、英文では中身の58%がビール、42%がソフトドリンクと書かれている。原材料は麦芽、ホップ、糖類。この他に添加物(ソフトドリンクのこと)として、酸化防止剤(ビタミンC)、炭酸ガス、酸味料、テキーラ香料、レモン香料含む。アルコール度数5.9%。飲んでみるとレモンでなくおそらくライムと思われる香りが強く、テキーラの味も感じられるがのど越しはビール。酎ハイとビールの中間のような味だがマイルドで上品な仕上り。瓶底が次のサリトスの栓抜きになる仕組みも仕込まれている。

サリトス テキーラビール

サリトス テキーラビール


ドイツのビール
http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/DEUbeerworld.html
posted by 市川市民 at 21:39| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

サッポロプレミアム アルコールフリー

サッポロプレミアムアルコールフリーを2月にマイナーチェンジが合ったそうなので飲んでみた。前より少し酸味が抑えられ苦味が増したような気がする。
麦芽100%麦汁使用とあるが成分には麦芽の他、水あめ、ホップ、酸味料、苦味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤とあり日本製らしいてんこ盛りだが、味はドイツ製のアルコールフリーに近く0.00%であること、エネルギーも100mlあたり22kcalと低い割りに芳醇で苦味もありおいしく、ホップの香りが強く感じられる。ただ、少し酸味が強い。


posted by 市川市民 at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

フュルスト・ヴァラーシュタイン・ヘーフェ・ヴァイツェン

昨日は平日だが、あまりにビールが飲みたく飲んでしまった。フュルスト・ヴァラーシュタイン・ヘーフェ・ヴァイツェンという長い名前のドイツのビール。日本語のラベルにバナナ風味のフルーティな味わいと書いてあるが確かにそのとおり。バナナの甘いフルーティさがある。白ビールの香りがここまで甘いとは驚き。原材料、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、アルコール度数5.2%。
ドイツビール フュルスト・ヴァラーシュタイン・ヘーフェ・ヴァイツェン 500ml

ドイツビール フュルスト・ヴァラーシュタイン・ヘーフェ・ヴァイツェン 500ml
posted by 市川市民 at 21:51| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

メキシコのボヘミアビール

ボヘミアという名のビール、メキシコではコロナに並ぶ人気ビールらしい。やはり淡い色で軽い口当たりだがコロナよりはしっかりとしたコクがある。うたい文句では麦の香りが強いとあるが、コロナよりはという程度。やはり夏に飲みたい味だ。原材料は麦芽、ホップ、コーンスターチ、酸化防止剤(亜硫酸塩、エルソルビン酸Na)、度数は4.6%。

メキシコ、アメリカのビールhttp://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/beerworld.html

posted by 市川市民 at 12:34| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ドライゼロ

2012年2月に大々的に発売。早速、飲んでみた。だが、キリンフリーは超えられないのではないか。味はドライだが、その為にふくよかさがなく、酸味の強い香りもする。麦汁がまったく使われてないのも、影響しているだろう。麦汁も使ってなく、アルコールもないのに氷点貯蔵というのもわからない。苦味は弱くすっきり味ではある。原材料は糖類(水あめ、加糖ブドウ糖、大豆ペプチド、食物繊維、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)100mlあたり15Kcal、アルコール0.00%




posted by 市川市民 at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

ゆく年くる年 吟醸酒 朝日酒造

日頃は日本酒など飲まないのだが、正月の日本酒が余ったのでと実家から「ゆく年くる年」というお酒をもらってきて、すき焼きをしながら飲んだらえらいおいしかった。辛口の吟醸酒で最初一口飲んだときはドライすぎる印象だったがすき焼きと飲むとすき焼の甘みとこのドライな感じが調和して今までにないおいしさを感じた。日本酒は少し甘めのほうがいいと思っていたがその考えを改めさせられた。新酒と書いてあるだけあってフレッシュな香り、口当たりもすばらしかった。後で調べると「久保田」を作っている会社のお酒ではないか。
posted by 市川市民 at 08:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

ミスティックチェリー

今日は寒いので夕方5時からビールを手にしてしまった。
ベルギービールのミスティックチェリー。
麦芽、ホップ、小麦、チェリージュース、糖類、甘味料(アセスルファムK)、酸化防止剤(ビタミンC)、度数は3.5% 。以前飲んだリンデマンチェリーと似た感じだが、こちらの方がよりチェリーの味のが強いような感じがする。食事の前に飲んでしまったが本来はデザートとして飲むビールかな。


ベルギーのビール http://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/BELbeerworld.html
posted by 市川市民 at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

ミスティクホワイトとサンミゲールダーク

昨日は2本の世界のビールを飲んだ。
一本目はベルギービールのミスティック ホワイト。
原材料は麦芽、小麦、糖類、オレンジピール、コリアンダー、ホップ、度数3.5%。コリアンダー、オレンジピールの効いた小麦のビール。酵母のためか白く少し濁っている。ベルギービールの定番の味だがバランスがよくおいしい。ただ、軽めなので250mlという瓶のサイズが物足りない。
ベルギービール ミスティック ホワイト 250ml

ベルギービール ミスティック ホワイト 250ml


二本目はフィリピンのサンミゲールダーク。
アジアのビールとしては珍しいローストモルトによるビーターな黒ビール。アルコール度数は5%、原材料は麦芽、ホップ、米。やはり米のためか甘みと酸味も割りと強い。色は黒いがカラメル臭は弱くかすかに日本酒のような香りも感じられる。アジアの黒ビールらしい味。

posted by 市川市民 at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

アヘル ブロンド

アヘル ブロンドというベルギービールを飲んだ。
トラピストビールの中ではもっとも新しい醸造所で作られている。原材料は麦芽、ホップ、糖類、酵母、度数は8%。色は淡いブロンドだが酵母の量が多いのか、にごっており、瓶内での熟成も進んでいるためか泡立ち、炭酸の刺激も強い。瓶の裏の日本語の説明にはフルボディビールとあるがベルギービールの中では度数の割りに濃厚さはない。香りはマスカットのようなフレッシュでフルーティな華やかなさがあるがアルコールの強さと苦味も立っている。
posted by 市川市民 at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

クラウスターラー

ノンアルコールビールのクラウスターラー48本を通販で購入。クラウスターラーは少し高いが、下のショップで48本で買うとどうにか安くなるので、お勧めです。
ドイツタイプのビールはアインベッカー、プロシュテル、ゲステル、レーベンブロイなどがあり、いずれも似たような感じでおいしいが、その中でもクラウスターラーは、苦味が強いが変なえぐみがなく、一番好き。
度数0.4%、ドイツ産で原材料は麦芽とホップのみ、ビールの苦味が感じられる。これはドイツ人の趣味なのかもしれない。カロリーは100mlあたり26kcalとこのジャンルにしては少し高めだが豊かなホップ感が感じられる。アメリカ産も含めて0.5%のクラスでは一番おいしい。




posted by 市川市民 at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

サントリーオールフリー

サントリーのオ−ルフリーを久しぶりに飲んだ。
アルコールゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロがうたい文句。糖質ゼロなので、さすがに芳醇な感じはないがビールのキレは感じられる。カロリーオフのビールがノンアルコールとなったイメージの味。コクが感じられないが、この条件の中ではかなりうまく出来ている。購入者の6割が女性だそうだが、缶のすっきりしたデザインも人気の要因か。原材料表記は、麦芽、ホップ、酸味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファム)。

posted by 市川市民 at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

チャールズクイントルビーレッド

今日は休日。三連休の初日なので高級なベルギービールを飲んだ。チャールズクイントルビーレッド。スペイン、ゲルマン王国、神聖ローマ帝国の王様となったチャールズ5世の名前を冠した赤褐色のスペシャルエール。原材料は麦芽、ホップ、オレンジビール、度数は8.5%。このほかにブロンドタイプもある。糖質の異なる数種類のモルトから造られ、濃厚なカラメルテイストの甘みと苦味と旨みのハーモニーの上面発酵ビールということだが確かにオレンジの香りとルビーレッドという名前の印象のとおりの濃厚で甘口なフルボディな味でベルギービールの奥深さを堪能できる。食後にチーズとちびちび飲むビール?。

ベルギービールhttp://www.geocities.jp/ichikawa_shimin/BEER/BELbeerworld.html

posted by 市川市民 at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする